飲む粉野菜の特徴とは?

「野菜不足が簡単に解消できる」と話題の「飲む粉野菜」スポーツインストラクターや理学療法士、あるいはスポーツ競技のメダリストたちから効率よく野菜の栄養が摂れると大人気ですよね。

でも、そこで疑問が湧きませんか?そもそも「粉野菜の特徴」って何?「飲む粉野菜」と他の野菜製品と違いってなんだろう?そこで結論からお答えします。

「飲む粉野菜」は特殊な製法で野菜を濃縮乾燥させて、生野菜の栄養はそのままでカプセル化したものなのです。

言わば生野菜のカプセル化ですね。そこで今回は、「飲む粉野菜」と特徴や、他の野菜製品との違いなどを掘り下げてお伝えします。

\ 飲む粉菜の公式ページはコチラ /

目次

飲む粉野菜の特徴とは?

「野菜を食べないといけないのは分っているけど・・」

「レシピ考えたり調理がメンドクサイのよね」

「生野菜を買って来ても使いきれずにダメにするし・・」

こんな風に感じている皆さん、緑黄色野菜の栄養分をカプセルで簡単に摂れるとしたら飲みたいですよね。

そんな願いを叶えてくれるのが「飲む粉野菜」です。

飲む粉野菜の特徴とは、特殊な製法で凝縮乾燥してパウダーになった野菜をカプセルで簡単に飲めることです。

これなら日頃から野菜不足が気になる人や、野菜嫌いであまり食べられない人でも、簡単に野菜の栄養分を効率よく摂れますよね。

飲む粉野菜の特徴とは、コストと時間をかけずに効率よく日頃不足がちな緑黄色野菜の栄養分を補給できるということです。

飲む粉野菜の3つの種類

さて、そんな特徴を持つ「飲む粉野菜」ですが、一種類で全ての方に対応できるわけではありません。

一口に野菜不足といってもいろいろなケースが考えられます。

その人その人の体調や体質によって、一種類の「飲む粉野菜」のカプセルで対応するのは無理ゲーと言ってもいいでしょう。

そこで「飲む粉野菜」は用途や目的に合わせて3つの種類をご用意しましした。

飲む粉野菜(9つの野菜)

この飲む粉野菜(9つの野菜)が一番バランスよく栄養素が含まれているわね。

緑黄色野菜不足のボクにピッタリかな

最初にご紹介するのは飲む粉野菜(9つの野菜)です。

日頃不足がちな緑黄色野菜の栄養を中心に、人参や赤大根などの根菜類をブレンドして、オールマイティーなパウダー野菜カプセルの仕上げています。

日頃、コンビニやスーパーでキャベツ中心のカット野菜で済ませている人に、是非飲んでいただきたいです。

飲む粉野菜「ケール・人参葉・ごぼう」

次にご紹介するのが飲む粉野菜「ケール・人参葉・ごぼう」です。ごぼうでお腹のスッキリ感を高めつつ、緑黄色成分もケールでシッカリとフォローしていますね。

人参葉にはデトックスの効果も期待できます。

飲む粉野菜「赤紫蘇・紫人参・紅大根」

最後にご紹介する飲む粉野菜「赤紫蘇・紫人参・紅大根」は、ご覧の通り「赤野菜祭り」とでも言わんばかりですね。

赤野菜には抗酸化作用による老化防止の効果があるので、アンチエイジングを気にしている方におすすめですね。

飲む粉野菜の素材による違い

3種類の飲む粉野菜にはどんな違いがあるのかな?

含まれる栄養素によってそれぞれに働きと効果が違ってくるのよ

3種類の飲む粉野菜には、使われる素材に応じてそれぞれの働きや及ぼす効果に違いがあります。

それらの違いをご案内します。

飲む粉野菜(9つの野菜)

ほうれん草(鉄分)、小松菜(ビタミンやミネラル)、紅大根(アントシアニン)、レッドビーツ(ベタシアニン)、ごぼう(食物繊維)、赤ピーマン(ビタミンC)、人参(βカロチン)、ファンネル(アネトール)

飲む粉野菜(9つの野菜)には上のような野菜と栄養素がパウダーに凝縮されて入っているのよ

飲む粉野菜「ケール・人参葉・ごぼう」

ショップのお姉さん
ショップのお姉さん

「ケール・人参葉・ごぼう」には隣に書いてある様な働きと栄養素が含まれています。

飲む粉野菜「赤紫蘇・紫人参・紅大根」

「赤紫蘇・紫人参・紅大根」にはアントシアニンやβカロチンが含まれていて、抗酸化作用やアンチエイジング効果があるのよ

飲む粉野菜と他の野菜製品との違い

飲む粉野菜はサプリや野菜ジュースとどう違うのかしら?

飲む粉野菜と他の野菜製品の違いについて説明するわね

飲む粉野菜と他の野菜製品、例えばサプリや野菜ジュースなどと飲む粉野菜は何が違うのか?と気になる方もいるでしょう。

そこで、それらの製品と飲む粉野菜の違いをご説明します。

飲む粉野菜と野菜サプリ

飲む粉野菜は自然のままに含まれている野菜の栄養素をそのままで摂ることが可能なのよ

サプリメントは特定の栄養素を摂ることに特化しているのよ

飲む粉野菜と一般的なサプリメントの違い、それは栄養素の含み方の違いにあります。サプリメントはある一部の栄養素を重点的に摂ることを目的に製造されています。

それに対して飲む粉野菜は、野菜に含まれている栄養素をそのままの状態で摂取することが可能なのです。

飲む粉野菜と野菜ジュース

飲む粉野菜は加熱や加工、味付けなどで糖分を加えたりしていないのよ

野菜ジュースは加熱・加工や味付けのために糖分などがふくまれているのよ。

飲む粉野菜と野菜ジュースの一番の違いは、糖分を含んでいるか?そうでないかです。

野菜ジュースには1パック角砂糖6固分の糖分が入っているモノもあるので、血糖値が気になる人には要注意ですね。

飲む粉野菜とカット野菜

飲む粉野菜の素材は緑黄色野菜がメインよ

コンビニサラダやカット野菜はメインの素材が淡色野菜で栄養分が不足しがちよ

「飲む粉野菜」とカット野菜の一番の違いは、飲む粉野菜の素材が緑黄色野菜であるのに対して、コンビニやスーパーで売られるカット野菜の場合には、淡色野菜が素材のメインです。

そのために飲む粉野菜に比べてカット野菜では栄養素が不足しがちになります。

飲む粉野菜の特徴のまとめ

今回は飲む粉野菜の特徴と、他の野菜製品との違いについて、栄養素や素材を中心に御説明しました。

僅か1カプセルで野菜不足を解消できる「飲む粉野菜」を、皆さんもぜひお申し込みください。

\ 飲む粉野菜の公式ページはコチラ/

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる